江部賢一さんの編曲

誰しもあんな風に弾きたいと憧れるギタリストがいるように、私にもあんな風に編曲したいと憧れるアレンジャーがいます。

その中の一人は江部賢一さんです。
今となってはお話しする事もできなくなってしまいましたが、なんともお洒落なアレンジでしかもギター本体ががよく鳴る音の配置を知っているお方でした。
現在、江部さんはたくさんのすばらしい編曲作品を残されています。
この江部さんの編曲作品を演奏することよって、江部さんの編曲の素晴らしさを体感することができるんじゃないでしょうか。

img001

江部賢一さんが編曲されたスタンダードジャズのギターソロコレクションより、JAZZセッションでも定番の「酒とバラの日々」を、その昔私が演奏したものがあるのでお聴きください。


江部さんの編曲は弾いていてすごく気持ちいがいいです。

にほんブログ村 音楽ブログ ソロギターへ
にほんブログ村