『福山歌!』決勝大会 &長崎旅行記②

前回の続きになりますが、決勝当日はリハが会場であるため12時集合でした。ここで出場者初顔合わせですね。エントリー動画で見た人たちばかりですぐ分かりました。

天気はすごく良くてかなーり暑かったです。炎天下に慣れてない室内系ギタリストの自分は早くもバテ気味(笑)

entenka

リハの説明があって、本番の私の出番は3番目と教えてもらいました。そのあと控室で待機してましたが控室も野外イベントのためにテントで扇風機だけの簡易的なもので、とっても暑かったです。

この環境でお祭りのイベントという事で、さすがにメインのクラシックギターは持ってこれないのでエレガットギターを持っていきました。それとDIとシールドぐらい。アンプは会場のを借りました。時間もなくてじっくり音作りはできないのでほとんどお任せになります。

やはりというか、ピエゾぽいシャリシャリ音になってしまいました。クラシックギターの柔らかさはだせないので本番は少し弱めのタッチで調整しました。それでも本番では音割れしていたかもです。

リハが終わり17:30まで自由なので、クーラーを求めてデパートで体力回復してきました。

minato

 

シャツは汗びっしょりで着替えました。ここ何年も経験した事ない汗がでました。付け爪も汗で浮いていまったのでもう一度張り替え。そして再度17:30集合で、いよいよ本番。

審査員は公式の審査員1名、一般の審査員10名でそれぞれ持ち点10点だったっかと思います。この審査員に方たちに納得させるパフォーマンスができたら受賞という事ですね。

butai

本番では出場者の皆さん演奏以外にフリップボードを使ったり、マイクパフォーマンスで盛り上げていました。

他のコンクール経験者ならご存知かと思いますが、普通はコンテスト中の演奏者は一言もしゃべってはいけない事が多いと思いますが、ここではアリなんです!だってパフォーマンスを競うコンテストですからね。

私はというとソロギターという性質上、ギター演奏以外で盛り上げる事ができず淡々と演奏する事しかできませんでした。涼しく時が流れ、きっとBGM的な感じになっていたことでしょう(笑)

演奏時間はエントリー動画と同じ1:30ぐらい。あっという間の出来事でした。他の方も演奏時間が4分程度に収まるようにアレンジ要請があったみたいなので、もし今後応募するぞという方がおられましたらその辺も考慮しておいた方がいいでしょう。ソロギターなどインスト系で応募する場合は何かしらもう一工夫をする方がいいのかなと思います。

演奏の時、ネームプレートとかが出てるわけではないから司会者の大山さんに名前呼ばれる時「まこ爺さん、まこ爺さん」って呼ばれていたので観客は「?」って思っていた事でしょう。

エントリー名が「mako-G」ですからね(笑)。もっとおじいちゃんになったら「mako爺」に改名しますわ。

 

今回の応募数は前回の6倍くらいあったと言っていました。こちらの記事によると

https://www.facebook.com/fukuyamamasaharu.official/posts/921561514598536

前回は300超える応募だったみたいで、今回はその6倍で1800超えってことでしょうか?すごい数ですね、きっとソロギターというジャンルが珍しいから残れたんだと思います。だけど野外ライブでは歌ものに勝る盛り上げ方を考えないとソロギターでの受賞は難しそうな気もしました。

それにしても今回の受賞者たちは二十歳未満の方ばかりで若い!元気いっぱいで未来があっていいですねー。おめでとうございます!

今回決勝出場者の皆さん、そしてスタッフさん当日はありがとうございました。そしてこんな素晴らしい企画をありがとうございました、とてもいい思い出になりました。それと今回の「福山歌」にエントリーした皆さん、これからもずっと音楽を続けてくださいね!音楽をやっている限りきっとどこかでまた繋がると思います。その時はよろしくお願いいたします。

おまけ

長崎楽しんできました~

nagasakieki

nagasakieki02

稲佐山からの夜景

yakei01

福山歌による福山花(花火)

hanabi01

【福山歌による福山花(花火)】ノーカット版がYouTubeでアップされてました!これを間近で見たんですが感動でした、今までこんなの体験した事ないです。

さらにおまけ

私が長崎のローカルニュースに少しだけでていました!思わぬところで記録に残りました。嬉しいです。これも動画を撮ってくださったかたがYouTubeにアップしてくださっています。私は最初の方ですぐ出ます、決勝戦の演奏中姿3秒ほど出演。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ ソロギターへ
にほんブログ村