カテゴリー別アーカイブ: ギターの指板配置考察

1つの7thコードから4つの7thコードを導く

の記事にディミニッシュコード の覚え方「○7のルートを半音上げると○#dim7になる」と書きました。

ここでピンときた方もいるかと思います。

じゃあ逆にdim7のルートを下げるとどうなるか?そうです半音下で7thコードができるわけです。

ここで一つポイントがありましてディミニッシュコードはその構成音の特性上一つのディミニッシュを覚えたら、構成音の同じ他の3つのディミニッシュを覚えたことになるのです。例えばCdim7、E♭dim7、G♭dim7、A(B♭♭)dim7は構成音が同じになるのです。詳しい事はここでは省きますね。

話を戻しますが上の方で赤字でdim7のルートを下げると半音下で7thコードができると書きました。ディミニッシュの4つの構成音のうちのどれでもいいので、どれか1つをルートと考え半音下げます。構成音は4つあるので4つの7thコードが完成します。

ややこしくなってきましたので図で説明します。

まずよく見るディミニッシュコードの形です。

dim01

これの赤○のどれか一つを半音下げてみます。すべての赤○を1個ずつ下げた図がこちら、8通りできます。下げた音は青○です。

dim02

これすべて7thコードの形です。分かりにくいかもしれませんのでよくあるローコードにしてみます。○にRと書いてある部分はルートです

 

 dim04

灰色の○で少し音を足してありますが、見たことある形もあるんじゃないでしょうか。

まとめですが、の記事で1つの7thコードから1つのディミニッシュコードを作りました、そして今回その1つのディミニッシュコードから4つの7thコードの形をつくりました。

つまり1つの7thコードから4つの7thコードの形を導く事ができるという事になるんじゃないでしょうか。ローコードを覚える時にルートがどこにあるかも一緒に覚えておく方がいいですね。

何だか回りくどくてややこしいお話になってしまいました、最後まで見てくれた方本当にありがとうございます。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ ソロギターへ
にほんブログ村




指板の捉え方

ギターをやっていて指板のドレミの位置を覚えるのって大変ですよね。

私自身はどうやって覚えたのかといいますと、

1、クラシックギターでひたすら音符読みをさせられた。

2、伴奏やアドリブをやるために音楽理論を学び度数で指板を捉えていった。

かなりざっくりですがこの2つが大きかったように思います。

そこでもっと初級~中級者向けに単純な覚え方がないものかと色々考え、自分なりに見つけた捉え方などを紹介できたらと思いましてここのブログに書こうと思いました。

役に立つかどうかは分かりませんが参考になれば幸いです。

さて、ギターの指板の全体図というのは教則本などで見たことがあると思います。

例えば

Fingerboard01

こんな感じです。これに色枠で囲ってみますね。

Fingerboard

お気づきでしょうか?ドレミファの下にソラシドが並んでいるんです。

この法則は⑤⑥弦、④⑤弦、③④弦、①②弦の2本セットならどこでもこの配列(ドレミファの下にソラシドが並んでいる)です。

ただし②③弦の2セットは配列が1フレットずれてしまいます。

これはギターのチューニングが⑤⑥弦、④⑤弦、③④弦、①②弦が4度のインターバルで、②③弦が3度のインターバルでチューニングされているからです。

つまりは、②③弦のところだけを注意すれば規則正しく並んでいるということになります。②③弦のところだけ違うんだという事を覚えておくとスケールやコードをおぼえる時に役立つときがくるんじゃないでしょうか。

にほんブログ村 音楽ブログ ソロギターへ
にほんブログ村