タグ別アーカイブ: 指板の捉え方

マイナーペンタを指板全体で捉える02

前回の続きです。

の最後に「Amマイナー・ペンタトニック・スケールを指板全体で捉えていくためにはこのAの所に3の指(薬指)を置く事から始まります」と書きました。

 

早速3の指を置いてみましょう。

一番覚えやすいのが④弦7フレットのA(ラ)なのでここから説明します。

まず④弦7フレットのA(ラ)に3の指を置きます。

7f3

その3の指のまわりに下の図のように音を配置します。

apentabox

この配置が今回覚えるAmペンタ・トニック・スケールの形(ミニボックス)です。ペンタトニックは5音ですがこのミニボックスには音が6個あります。実は同じ音が2個入っています、ただ形が分かりやすい方が覚えやすいのでこの形にしてあります。

このミニボックスの音階は1と3の指だけで弾けます。

apentabox02

どうでしょうか、これが今回の捉え方の全てです。

そしてこのミニボックスを前回にやったいくつかのポジションのAで作ってみます。

A(ラ)の位置はこちら。

octave

 

⑤弦12フレットのAに3の指を置いてミニボックスを作ります。

apentabox03

⑥弦5フレットのAに3の指を置いてミニボックスを作ります。

弦がない部分は弾けませんので無視します。

apentabox0

①弦5フレットのAに3の指を置いてミニボックスを作ります。

弦がない部分は弾けませんので無視します。

apentabox05

 

次は②弦10フレットのAに3の指を置いてミニボックスを作りますが、

ここでひとつ注意があります。前回も説明しましたが②弦と③弦のチューニングの関係で②弦③弦をまたぐ感じになる場合は1フレットずれます。

apentabox06

③弦2フレットのAに3の指を置いてミニボックスを作ります。ここもズレがあります。運指も開放弦が入るので少し変わります。

apentabox07

これらをすべて並べてみます。

apentabox08

 

これだけの音がカバーできます。しかしこれは全てではありません、抜けている部分も何個かありますがそれぞれの音のオクターブ関係が分かっていれば抜けている部分も徐々に見えてきます。

apentabox09

流石にここまでいくとゴチャゴチャしてきます。

Amペンタトニックスケールの音が分かって指板の音が分かっている人はラドレミソを直接狙う方が早いと思います。

それが苦手な方は最初は2つぐらいのミニボックスを行ったり来たりできたらいいと思います。2つのミニボックスの中で音が被っている所があればスライドなどを使って次のミニボックスへ向かう事も可能です。

apentabox10

この考え方で色々なポジションのミニボックスが見えれば比較的簡単にペンタトニックスケールは弾けてきますが、いきなりかっこいいフレーズが弾けるわけではありませんのでそこは練習が必要です。

ひとつのミニボックスでかっこいいフレーズを何個も弾けるようにしたら次に別のミニボックスで同じフレーズを弾いてみるみたいな感じでやってみたらいいんじゃないでしょうか。

ちなみにEmペンタを弾きたかったらE(ミ)に3の指を置くとこから始めてください。そして同じ手順でミニボックスを作ってください。

以上がマイナーペンタを指板全体で捉える方法の1つでした。他にも捉え方はありますので考えてみたら面白いですよ。長い間みていただきありがとうございました。

おまけ:何故ギターのスケールを覚えるのが難しいかというと②弦③弦のチューニングのインターバルのせいと、スケールを6本の弦を使ってまとめて覚えようとするからではないかな?と私は思っております。よほど特殊なスケールでない限り1オクターブに収まることが多いので2~3本の弦で弾けますので、覚え初めのころはそれを覚えてからオクターブ上や下で覚えるという方法が覚えやすいんじゃなかろうかと思っております。②弦③弦のインターバルに注意しながら。それに慣れてきたらスケールを度数で考える方向に移行していく感じで。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ソロギターへ
にほんブログ村




マイナーペンタを指板全体で捉える01

ギターの指板を覚えるにあたってフレットの音が分からない内は、やはり視覚的に覚える事も多いかと思います。

よく本に掲載されているマイナー・ペンタトニック・スケールの形があります。

ampenta00

もちろんこれを覚えるのも大事ですが、このポジションだけでなくもっと全ポジション縦横無尽に動きたいと思いませんか?
今回はアドリブを習う際に最初の方で習うマイナー・ペンタトニック・スケールについて書いてみようと思います。

このブログでは指板の捉え方をメインにしますので、マイナー・ペンタトニック・スケールをだいたい知っていて、ギターの指板をもっとワイドに捉えて弾いてみたいという方にヒントになればと思い書いていこうと思います。
今回はKey=Aのブルースなどでよく使用するAmマイナー・ペンタトニック・スケールを題材にします。

まずルートになるA(ラ)が指板で見えていないと中々縦横無尽にとはいかないので、そのA(ラ)の位置を覚える所から始まります

まずどこか一つでいいのでA(ラ)を見つけ、そこからギターのオクターブ関係を見ながら色々なA(ラ)の場所を探すことになります。

オクターブ関係を覚える方法として何点か書きたいと思います。

例えばロックでよく使うパワーコード。これはルートと5度で出来ていますがさらにオクターブ上のルートを重ねた下の図のようなタイプもよく見ます。Rはルートです。

powerchord

この図はAのパワーコードで、⑥弦5フレットはA(ラ)で、④弦7フレットは1オクターブ高いA(ラ)です。これでルートのオクターブ関係が分かります。

次に行く前にギターの指板をややこしくしている原因の②弦と③弦のチューニングの音程(インターバル)のお話しをします。

ギターのチューニングは

⑥⑤弦のインターバル(4度)、

⑤④弦のインターバル(4度)、

④③弦のインターバル(4度)、

③②弦のインターバル(3度)、

②①弦のインターバル(4度)。

②③弦のところだけ3度になっていますので、指板では1フレットのずれが生じるわけです。

たとえば④弦ルートのAのパワーコードを作ってみます。

powerchord02

③弦②弦のインターバルのせいで上の方でやった⑥弦ルートのパワーコードの形と微妙に違う形になります。1オクターブ高い方のルートが1フレット分→にずれています。この点に注意しながら見てみると、このパワーコードからも②弦③弦をまたぐ場合のオクターブ関係が見えてくるかと思います。

次に普通のローコードC。

C

ここからもルートのオクターブ関係が分かります。

そしてまたチューニングの話に戻りますが①弦と⑥弦はE(ミ)にチューニングするので音の配置的には同じ関係になります。

よって⑥弦の5フレットがA(ラ)なら①弦の5フレットもA(ラ)です。

Anote

これは2オクターブの関係です。

そして次に開放弦と12フレットの関係、これも1オクターブの関係

12foctave

これらのオクターブ関係を簡単にまとめてみました。(すべては書ききれていませんが重要な部分だけ)

octave

一見ややこしそうですが先ほどの知っている知識で導くことが可能です。

いよいよ本題です。このAmマイナー・ペンタトニック・スケールを指板全体で捉えていくためにはこのAの所に3の指(薬指)を置く事から始まります。

長くなりましたので続きは次回に。

にほんブログ村 音楽ブログ ソロギターへ
にほんブログ村